定期考査は情報戦

進学塾Daichi上牧は今週より『闘魂』期間に突入。
闘魂期間というフレーズは浸透したでしょうか!?(笑)
進学塾Daichi上牧では定期考査2週間前になると、塾のカリキュラムを停止し、定期考査に向けて学習をしていきます。
この準備期間を闘魂期間と銘打っています。
 
また、この期間は基本的に授業をしません。
各課題を提示し、締め切り期限を設定した上で生徒達に自分で学習計画を考えさせて取り組ませます。
途中、このままでは少しマズいなぁといった様子が見受けられると私たちが声かけをします。
とにかく、自分で決めた目標を達成するためにとことん自分と向き合わせます。
 
月曜日の授業後、中3の女子生徒が今回の期末考査の試験範囲を伝えにきてくれました。
また、翌日火曜日には中2女子生徒も同じように試験範囲を伝えにきてくれました。
 
期末考査まで2週間と少し。
余裕があります。
当然ですが、中学校から期末考査の範囲表はまだ配布されていません。
それでも既に範囲を把握しているのです。
この時点で勝負有り。
きっとこの二人は結果を残すことでしょう。
 
定期考査は情報戦。
範囲が決まっている試験なのだから、その範囲をどれだけコテコテに学習できるかで点数は決まる。
誰よりも早く出題範囲を知ることができれば、それだけ反復学習を積める。
これが定期考査で確実に点数を取り切る方法。
 
定期考査の学習とは実力テストのそれとはまったく『違う』のだ。
 
『定期考査では結果を残せても、どうせ実力試験になるとダメなんでしょ。』
 
こういったことを言っている子は実力テストでも結果を残せない。
負け犬の遠吠えというやつである。
定期考査のような範囲が決まった試験で結果を残せない者が、何が出てくるかわからない実力試験で結果を残せるわけがない。
『たまたま』自分の得意な分野や単元が出題されたときは結果を残せるだろう。
しかし、結局のところそれはマグレなのだ。
 
『本物の力を持っている生徒は、何よりも基本を大切にしている。』
ありきたりで、手垢にまみれたこのフレーズ。
きっと子供達も耳にタコが出来るくらい聞いたことがあるフレーズ。
そんな『当たり前のフレーズ』が子供達にはなかなか浸透しない。
 
『当たり前』を伝えるには信念が必要だ。
妥協や甘えの中では決してこの『当たり前』の感覚は身につかない。
だから、私たちは闘魂期間になると、いつも以上に生徒達へのアンテナを張るようにしている。
 
僅かな綻びは後に大きな『穴』となる。
この穴が大きくなれば大きくなるほど、修復するのにとてつもない労力を必要とする。
その労力に嫌気がさし、最終的には目標を諦める。
 
また、私たちの仕事は『穴を埋める』ことではない。
私たちの元に来てくれたときにすでに大きな穴が空いている状態の子は少なくない。
そういった子には修復からスタートする。
しかし、何よりも大切なのは修復後だ。
 
今後は大きな穴を作らせないようにしなければならない。
私たちの仕事は『新しい穴を作らせない』ことなのだ。
日頃から自らの意思で学習に取り組ませる『前向きな姿勢』を育てていかなければならない。
 
私たちの仕事は教えること『だけ』では成り立たないのだ。
 
進学塾Daichi上牧 代表 堀居邦彦

Follow me!