中1・2保護者会

中学1・2年生の保護者様
本日はお忙しい中,保護者会にご出席いただき誠にありがとうございました。また,日頃から進学塾Daichi上牧の指導にご理解,ご協力を賜り,厚く御礼申し上げます。

本日の会では私が,
「1学期の振り返りと2学期に向けて気をつけてほしいこと」
「親子の距離感」
堀居が
「AI時代の到来」
というテーマでお話をさせていただきました。

「1学期の振り返りと2学期に向けて気をつけてほしいこと」というテーマでは,まず生徒たちに保護者の方と一緒にチェックシートを記入してもらいました。
チェックシートの内容は「忘れ物をしていないか」,「プリントは角を合わせて折っているか」などといったいわゆる「当たり前のこと」です。しかし,生徒たちと保護者の方の間では
保「え,ほんまにそれできてる?」
生「できてるよ!」
保「そうかなあ…」
などといったやり取りが見られました。
生徒のみなさんはできていなかったことを夏期特訓で克服しましょうね。
また,2学期は体育大会があったり,部活動では主力になったりと学校生活も忙しくなっていきます。定期試験に向けて早く準備をしておく意味でも,夏の頑張りが大切だと伝えました。

堀居は「AI時代の到来」というテーマで話をしました。
AIの発達により,社会で求められる人物像も変化してきています。身近なところではスーパーのセルフレジや高速道路のETCなど,今までは人間がやっていた仕事を機械がするようになってきています。そんな時代に対応していくためには「読解力」,「論理力」,「数学力」が必要であるといわれています。その中でも「読解力」を中心に,保護者の皆様に心がけていただきたいことを本日の会ではお伝えさせていただきました。

本日,会の冒頭で「保護者会を開催する目的」についてお話させていただきました。私たちが保護者会を開催する目的は,保護者の方々に進学塾Daichi上牧という塾をより知っていただくためです。日々の指導の内容や,その中で感じたことを保護者の皆様と共有することによって,生徒たちにより良い指導ができると私たちは考えております。私たちはどうしても塾での生徒たちの姿しか見ることができません。ですから,保護者の皆様からご家庭での生徒たちの様子を教えていただきたいと思っております。そして,保護者の皆様に普段私たちがどういった視点で生徒たちを見ているのか,どういったことを大切にしているのかを知っていただきたいのです。こうして,生徒・保護者・塾の三者が共通の認識を持つことが,生徒たちを導いていく上で非常に重要であると考えております。明日からは三者懇談を予定しておりますが,保護者会という場でしか伝えられないこともあります。本日はそういった内容をお話しさせていただいたつもりです。本日の会の内容の中で,少しでもご家庭でのお子様との接し方において役立つことがあれば幸いです。

夏期特訓もありったけの情熱を注いで,大切なお子様を指導させていただきます。
今後とも進学塾Daichi上牧をよろしくお願いいたします。

副代表 平見優樹

Follow me!